5 6
I'm sorry, this page is Japanese only.

小出へのメールは を手で入力して下さい。


このEssayは、
メールマガジンと連動したページです。

地球のささやき(週刊)
(2018年07月19日号発行)
ブログ

地球の歴史、生命の歴史、地球の仕組み、地球地学紀行、地球の調べ方、地球と人と、 という6つのテーマで連載しているエッセイです。毎週木曜日に発行予定。

メールマガジンの申し込みはこちらから
地球のささやき
(週刊)


このEssayは、
メールマガジンと連動したページです。
Terra Incognita
地球のつぶやき(月刊)

(2018年07月01日号発行)
ブログ

地球の科学に関すること、またはその周辺部分を深く議論をしています。地質哲学のようなものを目指しています。毎月1日に発行予定。

メールマガジンの申し込みはこちらから
Terra Incognita
(月刊)


このEssayは、
メールマガジンと連動したページです。

大地を眺める(月刊)
(2018年07月15日号発行)
ブログ

大地の景観には、さまざまな自然の驚異、素晴らしさ、不思議が隠されています。地質学者が眺めた大地の造形を楽しんでください。 毎月15日に発行予定。

メールマガジンの申し込みはこちらから
大地を眺める
(月刊)

思いつくまま★Inspirations
ブログ(Geologist)

思いつくままに、徒然なるままに書いている。
日々変化する思いを書き記す。
日記としてではなく、
どこかにいる読者に向けて
私から「思い」を発信する。


葉。江別

●日常として:No. 6506 2018.07.17

今朝は、少し雲がかかっているが
晴れている。
朝はヒンヤリとしているが、
かなり温度が上がりそうだ。
でも湿度が高いので蒸し暑くなりそうだ。

今日は、午後から講義なので、
午前中に明日の講義の準備と
本の推敲、校務も少しあるので
それらをこなすことになる。
通常の日常的な状況だが、
本の推敲が遅れているので焦りが出てきた。
まあ、優先順に進めていくしかない。

今月の「思いつくまま」へ
Back Numberへ

小出へのメールは

を手で入力して下さい。

上へ


身近な自然誌
(2018年07月17日更新)

今住んでいるところで身近な自然を写真として切り取ります。さりげない自然の素顔を発信します。

書庫
(2018年07月17
日更新)
ブログ

読んだ本の記録をかねて感想を紹介しています。


大学の講義や研究に関する
小出の公式ホームページです。

札幌学院大学の講義
(2018年07月11日)

私が担当している大学の講義に関するページです。開講中は毎週更新しています。


研究のためのデータベース、資料、
私的な覚書をおさめたページです。


川と火山の自然史
(2016年09月13日更新)

川と火山の砂と石を使って、身近な自然史データベースを構築していきます。このデータベースは、高画質の画像を多用した新しい視点での教育・研究用として利用しようと考えています。



札幌学院大学の研究室
(2018年03月27日更新)

大学での公式サイトです。研究や教育を中心とした活動を紹介しています。


変更履歴

・ホームページの刷新(2017.11.08


旧データベース


地質紀行 3
(2014年04月19日終了)

2011年4月からの地質旅行を紹介しています。景色や地層という少し変わった地球を見る旅です。(役目を終えたので更新を中止)

西予市での私的な生活を
をおさめたページです。

西予の自然史と風物誌
(2011年03月29日終了)

愛媛県西予市の身近な自然や風物を、記録します。2010年4月から2011年3月までの記録です。

地質旅行 2
(2010年4月〜2011年3月)

西予でのサバティカル時の地質旅行を紹介しています。


身近な自然史
(2010年03月31日終了)

身近な自然を感じ、そして切り取るという作業は、私の自然への回帰のプロセスでもあります。今後は新しい自然史をNature2で展開します。

Gallery
(2010年03月08日終了)

デジタル画像をいろいろな表現方法にチャレンジしたものです。IT Trialから発展してGalleryとしました。今後は通常の使用になりますので、上記のサイトで展開します。

地質紀行 1
(2009年までのデータを保管)

2010年3月までの地質旅行を紹介しています。

終了したサイト


Terraの科学 (part2)

(2006年12月09日最終講義)
すべての講義に
倍速ファイルを追加しました
(2007.06.20)

地球科学の基礎となる内容を、小・中学生でも分かるように、きっちりと解説した講義です。声と動くカーソル、書かれていく文字で講義が行われていきます。

Terraの科学
−ClubGeoの冒険−

(2004年3月25日終了)

地球科学の基礎となる内容を、小・中学生でも分かるように、しかし妥協せず、きっちりと解説した講義です。
2年間、毎週続けた
連続講義です。
講義は終了しました。


Metamorphic

(2005年02月11日更新)

山頭火を愛する大学院生と地質学者が、ふとした出会いからE-mailを交換しはじめました。二人のインタラクションで、何らかの変化(metamorphic)が生まれるかもしれません。(現在中断中)


形と色
(2007年06月25日終了)

サーバがいっぱいになってきたので、「身近な自然」に吸収合併しました。


北海道大学の講義
(2006年前期で終了)

「科学・技術の世界:深く地球を考える−科学と哲学と地質学と−」というテーマでの講義です。講義は終了しました。


IT Trial
(2006年03月16日終了)

私がIT技術で挑戦している様々なことでwebで公開できるものを紹介していました。この内容はGallaryに吸収しました。

終了したサイト


掲示板HomePage
(閉鎖)

掲示板 BackNumber HomePage
(2006年03月06日終了)



他のホームページに移行したり、現在は更新しなくなったりした古いホームページを収蔵
EPACS自然史博物館
神奈川の大地
地球のからくり
身近な自然史
MuseumNetwork
人と大地と
地球地学紀行
砂の自然史


ユニバーサル・デザイン
(2004年03月31日終了)

Dialogと関連して街で見かけるユニバーサルなものを集めました。なかなか集める余裕がないので中止。


Dialog 2
(2003年11月20日最終号)

ある地質学者と、ある視覚障害者の
E-mailによる対話を記録したものです。ちょっと変わった立場のもの同士の対談です。お互いに、知らないこと、知らない考え、知らない世界を、知っていくプロセスが見ていけます。連載は終了。


(博物館時代)

Dialog 1
(2002年4月4日終了)

ある自然史博物館の学芸員と、ある視覚障害の盲学校教員の、1年半のE-mailによる対話を記録したものです。Dialog2に移行。

旧研究室
(2002年3月31日終了)

博物館での、活動の記録があります。個人情報や研究成果や、研究上のデータベースもあります。札幌学院大学のホームページに移行。

教育
(2002年2月7日終了)

新しい科学教育を目指した活動。EPACSPAC GeoClub Geo、城川町との科学教育交流、およびこれらに関する学会発表を紹介しています。札幌学院大学のホームページに移行。

上へ

(Scince 2001/06/16)